京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2009年12月16日

高山樹里、今度はスケルトン挑戦!14年五輪目指す!

ボブスレーでのバンクーバー五輪出場を目指していたソフトボール女子の元日本代表エース、高山樹里(32)=豊田自動織機=が、今度はスケルトンで2014年ソチ五輪を目指すことが15日、分かった。すでに氷上練習も始めており、27日に長野市で行われる全日本スケルトン選手権にもエントリーしている。

 高山は7月、ボブスレーでのバンクーバー五輪挑戦を表明。ソリを押して初速をつけるブレーカー候補として海外合宿にも参加した。しかし先月上旬、W杯遠征メンバーのブレーカーが5人から3人に絞られ、高山は落選。バンクーバーへの道が閉ざされた。

 それでも、五輪への思いは揺るがなかった。高山をボブスレーにスカウトした日本ボブスレー・リュージュ連盟の山本忠宏強化委員長は「11月中旬ぐらいにスケルトンに挑戦したいという話があった」と明かした。所属先によると、スケルトンに転向するわけではなく、ソフトボールとボブスレーも続ける意向だという。山本委員長は「スケルトンはボブスレー同様走ってスタートするので、体重が重い方が有利。新しいものにどんどんチャレンジしてすごいと思う。ぜひいい成績を出してほしい」と激励した。

 ◆スケルトン ソリ(女子は重量35キロ以下)はランナー(滑走部)とシャシー(車台)のみで、「骨格」「骨組み」が競技名の由来。1928年の第2回サンモリッツ大会で初採用されたが一時中止に。2002年のソルトレークシティー大会で54年ぶりに復活した。氷上コースは1300メートルで2本の滑走合計タイムで競う。ハンドルやブレーキはなく、うつぶせで前向きになった状態で乗り、重心移動だけでソリを操縦。最高時速は120キロを超える。日本勢は02年の越和宏の8位入賞が最高位。  


Posted by eroto193  at 11:49Comments(0)